テレワークを導入前に一読!ビデオ会議ツールの徹底比較

この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

ビデオ会議ツールとは?

パソコンのソフトや、スマホ・タブレットのアプリを使用して、カメラ・マイクを使い、会議をできる優れものです。

ツールによって様々ですが、1対1から数人から大人数まで対応しています。

Zoom・Slack・Teamsのツールの比較

Zoom Slack Teams
動作環境 ブラウザ
Windows
Windows10
アプストア
Mac
iPhone
Android
その他 Linux Linux Linux
価格 無料版 機能制限あり 機能制限あり
有料版
基本機能 チャット
音声通話
ビデオ通話
画面共有
ファイル管理
サービス連携 Office365 ×
Dropbox × ×
GoogleDrive × ×
機能 ホワイトボード共有 外部サービスと連携
Microsoft Whiteboardと連携
ブレークアウトルーム ×

価格

Zoom

基本 プロ ビジネス ZOOM UNITED
ビジネス
価格 無料 20,100 26,900 47,040
購入形態 年間 年間 年間

Slack

フリー スタンダート プラス Enterprise Grid
価格 無料 850 1,600 担当者と相談
購入形態 月額 月額

Teams

Teamsの場合はMicrosoft365のプランに含まれていることが多いです。

こちらでMicorosft365のプランを詳しく説明しております。

メリット・デメリット

Zoom

メリット
ビデオ会議専用ツールのため動作が軽い
アカウントを持っていないユーザーを招待することができる

デメリット
無料版に機能制限が多くある
メッセージアプリとしては使えない

Slack

メリット
画面がシンプルで使いやすい
チャット機能も充実
2200のサービスと連携をすることができる
デメリット
多くの機能があるため初心者は戸惑う
参加人数が多くわかりにくい
チャットやメンションを見逃すときがある

Teams

メリット
Microsoft Officeとの連携されている
デメリット
動作が重い
連携できる外部ツールが現状Microsoft365のみしかない
Microsoft Teams内のメンバーとしかチャットができない
UIがわかりにくい
明確なマニュアルが存在しない(公式のマニュアル)

 

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました