【SharePoint】Webパーツ「コール トゥ アクション(CTA)」

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

Webパーツ「コール トゥ アクション」とは?

CTAとは、Call To Action(コール トゥ アクション)の略で、「行動喚起」と訳される。
Webサイトの訪問者を具体的な行動に誘導すること。もしくは、具体的な行動を喚起する、Webサイト上に設置されたイメージやテキストのことをいう。
(https://www.synergy-marketing.co.jp/glossary/cta/より引用)
簡単に説明すると、イラストや画像を使ってサイトを閲覧するユーザーを目的の場所へ誘導させるパーツということです。
視覚的に移動させます。

用途

お知らせ
注目してほしいリンク等

プロパティ一覧

表の説明

設定項目名 設定方法 説明
実際のページに表示されている名称 ボタンの種類 設定行なうことでの変化や機能を説明しています。

プロパティ

背景画像 画像選択 背景画像を指定できます。
ボタンラベル テキストボックス ボタンに表示したい文字列を指定できます。
ボタンリンク テキストボックス ボタンに使用したいリンクを入力できます。
(http://・https://・mailto://のみ使用可能 )
配置
複数項目から選択 タイトルとボタンラベルの位置を「左揃え・中央揃え・右揃え」の中から選択できます。

テキスト編集方法

赤枠の部分は直接エリア内をクリックするとテキストを入力できます。
プロパティ内からは編集できません。

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました