【SharePoint】権限(アクセス許可レベル)の種類をすべてを紹介!SharePointのアクセス権は管理をマスター

この記事は約2分で読めます。

スポンサーリンク

SharePoint構造

モダンサイトとクラシックサイトの違い

モダンサイト

レスポンシブに対応しており、シンプルなデザインが特徴です。

クラシックサイト

SharePoint Server時代からのデザインです。レスポンシブに対応してません。

モダンサイトの権限

サイト所有者 すべてのSharePointの権限が与えられます。
サイトメンバー リストとドキュメントの追加、編集、削除できます。
サイト閲覧者  ページ・リストの表示・ドキュメント表示できます。
ドキュメントのダウンロードができます。

クラシックサイトの権限

フルコントロール 使用可能なすべての SharePoint の権限が与えられます。
デザイン リストとドキュメント ライブラリの作成、ページの編集、サイトでのテーマ、枠線、スタイル シートの更新ができます。
編集 リストとドキュメントの追加、編集、削除できます。
投稿 リストとドキュメントを表示、追加、更新、削除できます。
閲覧 ページ・リストの表示・ドキュメント表示できます。
ドキュメントのダウンロードができます。
制限付きビュー ページ・リスト表示・ドキュメント表示できます。
ドキュメントのダウンロードはできません。

モダンサイトとクラシックサイトの共通の権限

モダンサイトでの名称 クラシックサイトでの名称
サイト所有者 フルコントロール
サイトメンバー 編集
サイト閲覧者 閲覧

権限の継承

モダンサイトでサイトを作成した場合

モダンサイトの権限クラシックサイトの権限を継承します。
そのため細かく権限を設定する場合は継承を無効にする必要があります。

クラシックサイトでサイトを作成した場合

クラシックサイトの権限のみ適用します。

公式ドキュメント

SharePoint の権限レベルについて - SharePoint in Microsoft 365
SharePoint の権限レベルと各レベルに関連付けられている権限について説明します。

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました