【SharePoint】チームサイトとコミュニケーションサイトの違いを紹介!

この記事は約3分で読めます。

SharePointのサイトを作成するときに、「チームサイト」と「コミュニケーションサイト」を選ぶことが必要です。

さてどちらを作成することがいいのでしょうか?
ここではチームサイトとコミュニケーションサイトの違いをご紹介していきます!

スポンサーリンク

チームサイトとコミュニケーションサイトとは?

チームサイト

チーム サイトは Microsoft 365 グループに接続され、共有 OneNote ノートブック、グループの電子メール アドレス、およびチーム 予定表がサイトに提供されます。

チームサイトは主にTeamsと連携して、ドキュメントの共有やスケジュールの共有など情報の入り口となるサイトを作成します。

コミュニケーションサイト

コミュニケーション サイトには、サイト コンテンツの管理と更新に役立つ少数のサイト所有者とメンバー、およびコンテンツを表示する多くのサイト閲覧者が存在することがよくあります。

コミュニケーションサイトは、Yahoo! Japanのようなトップページをイメージした、多くの情報をまとめたサイトを作成することができます。

モバイル表示の違い

チームサイト

ブラウザで表示されるホームは初めには表示されません。
サイドメニューのホームをタッチすると表示することができます。

コミュニケーションサイト

ブラウザで表示されるレイアウトと同様に表示されます。

それぞれの違い

チームサイト コミュニケーションサイト
公開範囲 個別に指定 全体に公開
Microsoft365グループ ×
グループアドレス ×
サイト管理者
デザイン性
ドキュメント共有
スケジュール共有
ナビゲーションバー 左側に配置 上部に配置

それぞれのメリット・デメリット

チームサイト

メリット デメリット
Microsoft365グループと連携できる モバイル版は自動で「ホーム」が作成されてしまう
グループメールアドレスを作成できる デザインをこだわることができない
「ホーム」が自動作成されるため情報に辿り着きやすい

コミュニケーションサイト

メリット デメリット
多くのユーザーに公開できる Microsoft365グループに接続できない
アクセス権限を細かく設定できる 一部レスポンシブデザインではない

実際のところ大きな違いはあまりありません。
細かいポイントで違いが出るため用途に合わせて作成することが必須となります。

コメント 匿名希望の場合は個人情報の入力はしないようにお願いします。

タイトルとURLをコピーしました